デジタルマーケティングのキュレーションメディア

横浜銀行が歩んできたマーケティング10年間の挑戦 – 最新技術で顧客志向へ

金融商品の複雑化や消費者ニーズの多様化、フィンテックの台頭によって大きく変化を遂げる銀行のマーケティングにおいて、地方銀行はどのような顧客体験を生み出そうとしているのかを地方銀行最大手である横浜銀行 総合企画部担当部長 加藤毅さんに伺っているインタビュー記事です。横浜銀行のマーケティングに対する基本的な考え方やこれまでの変遷、データベースマーケティング、オムニチャネル戦略、人工知能やブロックチェーンなどの新規技術に対する取り組みなどを紹介しています。

記事一部引用

金融商品の複雑化や消費者ニーズの多様化、そしてデータとテクノロジを活用した顧客体験を創出するフィンテック時代の到来。銀行のマーケティングを巡る環境はここ数年で大きく変化を遂げている。そのような中、長い歴史において地域に根付いた顧客エンゲージメントを創出してきた地方銀行のマーケティングは、どのように変わろうとしているのだろうか。データやテクノロジをどのようにマーケティング施策や顧客エンゲージメントの創出に活かしているのか。そして、フィンテックのような新しい潮流からどのような顧客体験を生み出そうとしているのか。地方銀行最大手である横浜銀行の総合企画部 担当部長の加藤 毅氏にお話を伺った。

サイト :

P&Gや資生堂ジャパン、ユニリーバ・ジャパンなどでブランドマネジメントや組織育成を指揮された音部大輔さんが、誰もが解釈の余地なく理解できる目的を設定するために利用できる概念であるSMACを解説している記事です。SMACはSpecific(具体的)、Measurable(測定可能)、Achievable(達成可能)、Consistent(一貫性がある)を繋げた単語であり、これらの要素が含まれた正しい目的を設定することで、作業量を減らし、効率を高めることができます。

カテゴリー :

SAS Forum Japan 2017の「銀行リテール業務におけるマーケティング/セールスサポートシステムの実装事例」セッションに登壇された三菱東京UFJ銀行 システム開発運用部 戦略情報グループ次長の大村博昭さんのイベントレポートです。2004年から顧客データを活用したマーケティングに取り組んできた三菱東京UFJ銀行が、どのようなステップで進化してきたのか、現在One to Oneマーケティングを行うために、どのような施策に取り組んでいるのかを紹介しています。

サイト :

心理学者のアブラハム・マズローが数年間に及ぶ観察を経て、人々の行動の原因を説明する理論にたどり着いた「マズローの欲求段階説」をマーケティングに活用するための方法を紹介している記事です。純粋な実用目的だけではなく、感情的な理由で買い物をする人に対して、生理的欲求、安全の欲求、社会的欲求、承認の欲求、自己実現の欲求のそれぞれが感情的なインセンティブを作り出すトリガーポイントであり、効果的に活用することでマーケティングに大きな結果をもたらすことができます。

カテゴリー :

Facebook Page